家に帰ると何もしたくなくなる

To Session Room ;

自分を大切に、そしてホットさせて、楽しくやりたい事をしていきたい!と思っているのですが、家に帰ると何もしたくなくなる私がいます。
そんな自分に心がもやもや。時間を無駄にしていると。
今を生きるたいせつさを知っていますが。。

相談を書いていると癒しがはじまるとの事。。思い浮かぶ事を書かせて頂きます。

保育士の仕事をしていて4月からのスタートに不安を感じています。
春を楽しく過ごしたいのにいつも大変大変・・・・
何か担当になると、ドキドキする私がいます。会議での発言は苦手で震えます。
失敗しないように ミスしなしように ちゃんとしないと。
人の評価。人と比べます。
そんな自分が苦しい。。比べなくていいとわかっていますが・・・

パートナーはいません。
欲しいと求めていますがどこか冷めているんです。
女性としてパートナーと深めていきたいのですが
できるのか?と思っているのかもしれません
タイプではない男性とご飯を食べて、心がトキメキを感じない私を感じてみたりしています。

私は 女性として楽しみ、また美しさ・健康・心を大切に
そして日々の生活を丁寧に暮らしていきたい
そして私にしかできない事をみつけ
楽しく過ごし、楽しい気持ちが周りに伝わったら・・・
そんな事がしたいと・・・
今は体のケアーをしようと思っています。(肩こり 背中がこりこり)

まとまらない文章で申し訳ありません
自分でも何が相談したいのかまとまらず。
これでいいのか?そんな不安があるのかもしれません・・・
— I さま

From Mami

Iさんのオーラから感じることを書きます。
優しい、人をいたわる心と癒しのエネルギーを感じます。女性らしい方です。そして持ってる器が大きくとてもガマン強い方です。  

Iさんに保育のお仕事はとても合っていると思います。
Iさんが小さいお子さんの手をとって優しく話しかけているイメージが浮かんできます。

そして Iさんはもう知っていらっしゃいます。

幸せになるためにホッとする事が大事なことも “いまここ” を生きることが大切なことも。だからこそホッとできていないと感じたり、今を生きれていないのではとお考えになったりしてはご自分をもう一人のご自分が冷静にジャッジしてしまうのだと思います。時間を無駄使いしているのではないか、と責めてしまっているのかも知れませんね。

でもIさんがそうなるにはちゃんと理由があるのです。外にいる時のIさんは「これでいいのだろうか?」「大丈夫かしら」といつもご自分を振り返り緊張しています。

Iさんのエネルギーを外で使い果たしてしまっているのでお家では自分を休ませることで精一杯なんです。そうやって日々なんとか体力と気力を充電しているのです、それでバランスを取っているのです。   

今の時代の保育のお仕事は非常に厳しく、大変な環境だと思います。ましてや春は新入学の季節ですものね。本当は春を感じることが嬉しいはずなのに、と思うと悲しくなってしまいますね。Iさんご自身はご自分と接する方達との温かな気持ちのやり取りを望んでいらっしゃるのに、まるで男性のようなエネルギーを使い働く事を求められ、評価の対象にされる事は本当に苦しい事だと思います。

しんどい・・そんな言葉の印象を受けます。

そんな Iさんは責任感の強さと我慢強さでなんとかご自分を支えているようなのですが。呼吸はどうでしょう浅くないでしょうか、夜寝ている間も力が入っているのではないでしょうか。背中や肩がつらいのはその為のように感じます。

今「女性としてより良く生きたい」と願っていらっしゃる Iさん。そしてなりたいご自分のビジョンも持っていらっしゃる Iさん。もう自分の為に生きていいのだという事を知っていらっしゃる Iさん。そして賢い方だけにちゃんと理解をしているのです、だからこそ自由にならない現実を感じて焦ってしまう、どうしたらいいのかをしっているだけにそこに向かえない状況に苛立ちを感じてモヤモヤしてしまうではないでしょうか。

でも Iさんは今変わろうとなさっているご自分も感じていらっしゃいます。変化することを受け入れていらっしゃいます。一生懸命に努力してご自分を優先させようとしています。諦めてしまってもおかしくないのに、Iさんは本当にけなげにひたむきです。そして何より魂のエネルギーが強いのだと思います。

 本来の Iさんを生きる為には今までの苦しかったご自分をみて自由にしてあげてください。今までのIさんの人生感はどのようなものでしょうか。私には一言で言えば「我慢と辛抱」のように感じます。

なぜでしょうか。 私にはお父様への想いが関わっているように感じます。お父様はご立派でご自分にもご家族にも厳しいかたでしょうか。Iさんは何かご恩返しをしなければという思いを持っているように感じます。責任を果たそうとするような思いです。また思春期の多感な年頃にお父様の前では緊張して上手くお話ができなかった経験があるのではないでしょうか。

自由にお話しをしようとすると、これを言ってもいいのかしらという迷いが出てくるように感じます。その経験から会議などの人前ではプレッシャーを感じてしまいご自分の表現する事に対してとても勇気が要るのではないでしょうか。

またパートナーへの想いですが、やはりお父様との関係性でしょうか。お母様の姿をご自分に投影されているのか。男性と対等に心を通わせて敬い合う事などできるのだろうか。という思いを感じます。

が、それはそれだけ Iさんがただ一人の大切なパートナーと心を通わせて生きたいと望んでいらっしゃると言う事でもあるのです。

そのようなお相手を夢見るように思い描いて引き寄せて下さい。今年は引き寄せのパワーはドンドン強くなっていますから。

そしてもうひとつ、3〜4年前に何かショックな事があったかもしれません。それがIさんにご自分を生きる気づきや勇気を持たせてくれたのかもしれませんね。

Iさんは もう我慢も遠慮もし過ぎるくらい十分してきました。ご自分に犠牲を強いて来たのです。みんなが争わなくて済むように心配りをしてきたのです。 もう本来のIさんが持っている明るさや優しさを自由に表現してください。Iさんは本来は歌うように自分の声で自分を表現できる人です。喉のチャクラを開いて欲しいと感じますので一人カラオケに行って遠慮せずに大きな声で好きなだけ歌うのがいいと思います。ご自分の為だけに歌ってみてください。

また夜、寝る前にでも疲れて帰ってきた自分をHUGすることもしてほしいことです。「今日も一日本当に良く頑張ってくれましたね。」と声にだして言ってみてください。Iさんが園児のお子さんにするように、ご自身のハートに語りかけてお話を聴いてみてください。今日はどんな事があってどんな気持ちでしたか?と優しく。

そしてお話をした最後には声に出して必ず
「ありがとう。私は私が大好きよ」と言ってあげて下さい。

これは Iさんの真実の言葉です。

そして会議などの時には天使がいつも Iさんのそばにいてくれる事をお願いしましょう。

好きなサインを見せて下さいってお願いしてもいいと思います。羽でも、数字でも、ご自分の好きなもので良いと思います。 そうしてIさんがご自身に親友のように寄り添い、話せるようになって欲しいと思います。そんな Iさんはもっと簡単に喜びを引き寄せる事ができるのです。 

これからの Iさんのお幸せを私も共にお祈りしています。どうぞお健やかにお過ごしください。

まみ☆