家に帰ると何もしたくなくなる

To Session Room ;

自分を大切に、そしてホットさせて、楽しくやりたい事をしていきたい!と思っているのですが、家に帰ると何もしたくなくなる私がいます。
そんな自分に心がもやもや。時間を無駄にしていると。
今を生きるたいせつさを知っていますが。。

相談を書いていると癒しがはじまるとの事。。思い浮かぶ事を書かせて頂きます。

保育士の仕事をしていて4月からのスタートに不安を感じています。
春を楽しく過ごしたいのにいつも大変大変・・・・
何か担当になると、ドキドキする私がいます。会議での発言は苦手で震えます。
失敗しないように ミスしなしように ちゃんとしないと。
人の評価。人と比べます。
そんな自分が苦しい。。比べなくていいとわかっていますが・・・

パートナーはいません。
欲しいと求めていますがどこか冷めているんです。
女性としてパートナーと深めていきたいのですが
できるのか?と思っているのかもしれません
タイプではない男性とご飯を食べて、心がトキメキを感じない私を感じてみたりしています。

私は 女性として楽しみ、また美しさ・健康・心を大切に
そして日々の生活を丁寧に暮らしていきたい
そして私にしかできない事をみつけ
楽しく過ごし、楽しい気持ちが周りに伝わったら・・・
そんな事がしたいと・・・
今は体のケアーをしようと思っています。(肩こり 背中がこりこり)

まとまらない文章で申し訳ありません
自分でも何が相談したいのかまとまらず。
これでいいのか?そんな不安があるのかもしれません・・・
— I さま

From Mami

Iさんのオーラから感じることを書きます。
優しい、人をいたわる心と癒しのエネルギーを感じます。女性らしい方です。そして持ってる器が大きくとてもガマン強い方です。  

Iさんに保育のお仕事はとても合っていると思います。
Iさんが小さいお子さんの手をとって優しく話しかけているイメージが浮かんできます。

そして Iさんはもう知っていらっしゃいます。

幸せになるためにホッとする事が大事なことも “いまここ” を生きることが大切なことも。だからこそホッとできていないと感じたり、今を生きれていないのではとお考えになったりしてはご自分をもう一人のご自分が冷静にジャッジしてしまうのだと思います。時間を無駄使いしているのではないか、と責めてしまっているのかも知れませんね。

でもIさんがそうなるにはちゃんと理由があるのです。外にいる時のIさんは「これでいいのだろうか?」「大丈夫かしら」といつもご自分を振り返り緊張しています。

Iさんのエネルギーを外で使い果たしてしまっているのでお家では自分を休ませることで精一杯なんです。そうやって日々なんとか体力と気力を充電しているのです、それでバランスを取っているのです。   

今の時代の保育のお仕事は非常に厳しく、大変な環境だと思います。ましてや春は新入学の季節ですものね。本当は春を感じることが嬉しいはずなのに、と思うと悲しくなってしまいますね。Iさんご自身はご自分と接する方達との温かな気持ちのやり取りを望んでいらっしゃるのに、まるで男性のようなエネルギーを使い働く事を求められ、評価の対象にされる事は本当に苦しい事だと思います。

しんどい・・そんな言葉の印象を受けます。

そんな Iさんは責任感の強さと我慢強さでなんとかご自分を支えているようなのですが。呼吸はどうでしょう浅くないでしょうか、夜寝ている間も力が入っているのではないでしょうか。背中や肩がつらいのはその為のように感じます。

今「女性としてより良く生きたい」と願っていらっしゃる Iさん。そしてなりたいご自分のビジョンも持っていらっしゃる Iさん。もう自分の為に生きていいのだという事を知っていらっしゃる Iさん。そして賢い方だけにちゃんと理解をしているのです、だからこそ自由にならない現実を感じて焦ってしまう、どうしたらいいのかをしっているだけにそこに向かえない状況に苛立ちを感じてモヤモヤしてしまうではないでしょうか。

でも Iさんは今変わろうとなさっているご自分も感じていらっしゃいます。変化することを受け入れていらっしゃいます。一生懸命に努力してご自分を優先させようとしています。諦めてしまってもおかしくないのに、Iさんは本当にけなげにひたむきです。そして何より魂のエネルギーが強いのだと思います。

 本来の Iさんを生きる為には今までの苦しかったご自分をみて自由にしてあげてください。今までのIさんの人生感はどのようなものでしょうか。私には一言で言えば「我慢と辛抱」のように感じます。

なぜでしょうか。 私にはお父様への想いが関わっているように感じます。お父様はご立派でご自分にもご家族にも厳しいかたでしょうか。Iさんは何かご恩返しをしなければという思いを持っているように感じます。責任を果たそうとするような思いです。また思春期の多感な年頃にお父様の前では緊張して上手くお話ができなかった経験があるのではないでしょうか。

自由にお話しをしようとすると、これを言ってもいいのかしらという迷いが出てくるように感じます。その経験から会議などの人前ではプレッシャーを感じてしまいご自分の表現する事に対してとても勇気が要るのではないでしょうか。

またパートナーへの想いですが、やはりお父様との関係性でしょうか。お母様の姿をご自分に投影されているのか。男性と対等に心を通わせて敬い合う事などできるのだろうか。という思いを感じます。

が、それはそれだけ Iさんがただ一人の大切なパートナーと心を通わせて生きたいと望んでいらっしゃると言う事でもあるのです。

そのようなお相手を夢見るように思い描いて引き寄せて下さい。今年は引き寄せのパワーはドンドン強くなっていますから。

そしてもうひとつ、3〜4年前に何かショックな事があったかもしれません。それがIさんにご自分を生きる気づきや勇気を持たせてくれたのかもしれませんね。

Iさんは もう我慢も遠慮もし過ぎるくらい十分してきました。ご自分に犠牲を強いて来たのです。みんなが争わなくて済むように心配りをしてきたのです。 もう本来のIさんが持っている明るさや優しさを自由に表現してください。Iさんは本来は歌うように自分の声で自分を表現できる人です。喉のチャクラを開いて欲しいと感じますので一人カラオケに行って遠慮せずに大きな声で好きなだけ歌うのがいいと思います。ご自分の為だけに歌ってみてください。

また夜、寝る前にでも疲れて帰ってきた自分をHUGすることもしてほしいことです。「今日も一日本当に良く頑張ってくれましたね。」と声にだして言ってみてください。Iさんが園児のお子さんにするように、ご自身のハートに語りかけてお話を聴いてみてください。今日はどんな事があってどんな気持ちでしたか?と優しく。

そしてお話をした最後には声に出して必ず
「ありがとう。私は私が大好きよ」と言ってあげて下さい。

これは Iさんの真実の言葉です。

そして会議などの時には天使がいつも Iさんのそばにいてくれる事をお願いしましょう。

好きなサインを見せて下さいってお願いしてもいいと思います。羽でも、数字でも、ご自分の好きなもので良いと思います。 そうしてIさんがご自身に親友のように寄り添い、話せるようになって欲しいと思います。そんな Iさんはもっと簡単に喜びを引き寄せる事ができるのです。 

これからの Iさんのお幸せを私も共にお祈りしています。どうぞお健やかにお過ごしください。

まみ☆


愛がうまく回せないんです

To Session Room ;

実は高校一年の長女のことなのですが、今年に入り学校に行けなくなってしまいました。中学からやっていた吹奏楽を高校でもやりたいと、勉強に部活にと慣れない環境の中頑張り続けていましたが、いっとき体調を崩したのをきっかけにとうとう今のような状態になってしまいました。
本人の希望もあって、今は心療内科(思春期外来)でお薬をもらっています。通院しはじめて半月ほどでしょうか。今は夜昼が逆転してしまい、夜にアニメやゲームなどをしています。
出席日数など進級のための条件はクリアしていることもあり、お医者さんの勧めもあってこの3学期は全て休んでしっかり休養を取るつもりにしています。

心と体がうまくついていかないような感じで、一番つらいのは長女なのですが…

正直、不安で私の方がおかしくなりそうな日もあります。でも必ずよくなるという確信もあります。
今後の進路に影響が出るかも知れないという不安もありますが、長女にぴったりな道がちゃんとあるはず!と…そういったことはあまり問題視していないのです。

それよりは、本当は私の心に問題があるということです。

長女に対しては小さい頃からなぜか素直な子育てが出来ず、腹が立ったりもしくは嫉妬?してしまったり、八つ当たりしてしまったりと、感情が先に出てしまいます。
会話がないわけではないのですが、コミュニケーションが十分ではなかったために、長女をここまで追い詰めてしまったように思います。

嫉妬、と書きましたが、私の子供の頃の感情がそうさせているんではないかと思います。
私は幼稚園のころ両親が離婚していて、父と祖母とで育ちました。
私自身も小学校で6年間不登校をしました。
小学生の頃、父の弟(叔父)が金銭問題を起こし、かなり家庭環境に影響がありました。
父は真面目で優しいのですが、ルーズなところがあり大嫌いでした。
祖母は変わり者、という感じで近所でもトラブルが多く、両親の離婚の一因でもあったと思います。
結婚して家を出てからもいろんな事があり、今では父も祖母も施設にいます。
叔父は自殺で亡くなってしまいました。

代わって、主人の両親は近所でも評判のおしどり夫婦。そして、父は町内の切れ者、まとめ役というポスト。母は良妻賢母。
初孫の長女をはじめ、他の2人の娘たちも可愛がってくれます。
でもそれも、私にとっては素直に受け取れないことが多く…
実家からはそんなふうにはしてもらえないので、受け取り慣れていないのと、何処かでは『こんなにしてもらえていいな』と、子供のままの私が思っているのかな、と。

愛、がきっとうまく回せないんです。

これは主人にも言えて。
感謝でしかないのに、やっぱり感情が先に出ます。
今は同じ布団で寝ることが嫌です。いびき…(笑)そして少しでも触れられたりすると嫌悪感が。耐えられません。

申し遅れましたが、私もセラピストとして少しだけ活動しています。自分を、家族を元気にしたいと学び進めてきたのに、結局はこんな状態で何もよくすることが出来ません。
私のお伝えするメッセージを楽しみにしてくださる方もいるのに、もうセラピストなんてやめてしまおうか、なんてなげやりに思ったり。

とにかく、私がいつまでもこんな状態では家族に悪影響を与えてしまいます(>_<)
今まで抱えていたものをすっかりと手放したいです。
どうするのが一番良いのでしょうか?
ご助言、よろしくお願い申し上げます。
— H さま

From Ayumi

Hさんのメールを拝見して最初に思ったのは、とても強いエネルギーを持って生まれて来られた方。
そして、そのエネルギーは常に周りのために使って来られた。
本当は自分のために、その強い光を持ったエネルギーを使いたかったのに、そうする事が出来なかったのも事実ですね。
ですが、その光のエネルギーを持っているHさんだからこそ、今まで頑張って来れたの です。

今回、メールを書くのも自分としっかり向き合いながら書いていらっしゃる。

本当は魂の奥では気づいていらっしゃるのだと思います。

そして、Hさんのご相談ですが、根本はひとつです。

それは、幼い頃からのHさんの想いから来るものです。
幼い頃のHさんの想いが、まだ心の奥底に残っているのです。

ご自分でもメールに書いていらっしゃいますね。

Hさんの、その気づいていらっしゃる想いに寄り添い癒すこと。
それが、とても大切です。

幼い頃に感じた、怒り、悲しみ、寂しさ、たくさんあると思います。

本当 はこうしたかったのに出来なかった想い。

もっと自分を出したかったのに我慢していた自分。

幼い頃の環境が違ったら、自分はどんな人生を歩んでいたか?と考えてしまう自分。

全部、もう過去のことと思い見ていなかった想いを全部ノートに書いてみてください。
携帯でも、メモでも良いと思います。
思いつくままに、感情のままに書くのです。

自分と向き合う時間を作り、リラックスしながらです。
夜、寝る前でも自分がやりやすい時間でやってください。

そして、それはもう過去ということ、今は違うところにいるということも感じてください。
いま「ある」幸せにフォーカスして気づいたことも書き留めてみてください。

いま、やりたいことや、今までやりたかったことなどを書くのも良いと思います。

過去ばかりにフォーカスすると「いま」を生きなくなってしまいます。
自分の中でのバランスを感じながらやってみてください。

忙しかったら気づいた時に書きとめるくらいで大丈夫です。

Hさん、本当はまだまだ怒っている自分に気づいてください。

もう、怒っていいんです。

めちゃくちゃ怒ってもいい状況をHさんは自分を抑えて生きて来られたんです。

そうしないと、生きて来られなかったから、幼いHさんの生きるための手段だったのです。
ご自身の小学生の時の不登校もそうです。
そうしないと生きるのも辛くて仕方なかったのです。

そして、そんなHさんの奥にある想いが、周りにおきる出来事に反応してしまうのです。

長女さんのことですが、長女さんも繊細で感覚の鋭い方ですね。
感性が豊かで、周りの方の心も汲み取れる方。
それに、長女という立場も重なり期待に応えようと自ら頑張ってしまう。

長女さんはHさんの抱えていた淋しい想いににも気づいていらっしゃった。

本当はお母さんに、心の底からハッピーでいて欲しい。
でも、Hさんの想いに気づき長女さんなりに頑張ることでHさんを助けて来られたんですね。
子供は選んで生まれて来てくれています。

長女さんもHさんを選んで来ています。

Hさんは長女さんに一番なにを望みますか?
笑顔で元気でいることではないですか?

きっと、もう頑張らなくていいよ、少しやすんでね、と声をかけたでしょう。
それは、Hさん自身に向けられた言葉でもあるんです。

長女さんのエネルギーや感性では、今の子供が生きる枠の中では窮屈なのかもしれません。

ですが、母親としては大変辛いと思います。
どうしても、学校に行くことが「普通」として扱われる世の中です。

そこで、自分の子供が学校に行けない状況であれば、不安でおかしくなりそうなのは当たり前です。

そして母親である自分を責めてしまいます。

母というのは子供が一番の弱点ですよね。

ですが、Hさんは長女さんを、必ず良くなると信じていらっしゃる。
長女さんに合った道があることも気づいていらっしゃいます。

本当にその通りだと思います。

Hさん、長女さんが休んでいる時、二人で出かけてみたらいかがでしょうか?
買い物でもいいと思います。旅行でもいいと思います。

きっと、今は自由に解き放たれた感じのする夜中に起きて好きな事をしているのです。

長女さんと出かけて、Hさんも楽しんでください。

長女さんが幼い頃に上手くコミュニケーションが取れなかったのも仕方ないのです。

幼い頃にお母様がいなくなり、母親というものがわからないで育っています。自分の感情の表現方法もわからないなか、とまどってしまっただけです。

Hさんは「嫉妬」とお書きになりましたが、それはHさんの中の怒りです。
お子さんを通して自分が幼い頃と向き合ってしまった、本当は自分も愛して欲しかったという怒りの感情です。
でも、その想いに気づき自分と向き合うHさんは、やはりセラピストだなと思います。

どうぞ、長女さんに「ずっ と貴方とこうしたかった」と誘って、今から二人で楽しんでください。

ご主人の義両親のこともそうです。
幼い頃のHさんの想いからですね。

自分に優しくしてくれる存在に戸惑ってしまう。
愛を与えてくれる存在に、どう受けとって良いかわからないでいる。

今まで経験したことがないので受け取り方がわからないのですね。
(Hさん自身も受け取り慣れていないとわかっていらっしゃいますね。)

そんな愛ある義両親の元で育ったご主人に対して自分とは違うと少し壁がありませんか?

ご主人に対して色々と悩んでいる自分の気持ちをわかってくれていないという思いはありませんか?

Hさんは3人のお子さんに恵まれた。
3人の光の存在である魂を神様が与えてくれたのです。

そして愛ある義両親の元に嫁がれ、愛情に包まれて育ったご主人と家族でいる。

Hさんの周りには「愛」がたくさんあります。

もう、幼い頃の「被害者」のままのHさんでいなくてよいのです。

神様が「愛」ある場所にいて良いと与えてくれてのですね。

そして目の前に来たものはすべて受け取って良いのです。

愛を欲していいのです。愛を受け取っていいのです。

すべてHさんへのギフトです。

幼い頃の想い、これからの人 生に要らない感情は手放してください。

もう、Hさんならわかっているとは思いますが、一番の癒しと感情の解放には、やはり「今を楽しむ」事だと思います。

思い切って長女さんと楽しんでください。

私は3人の息子の母です。
Hさんと同じ経験もあります。

私も同じようにとても不安でした。

周りからはどう思われたかはわかりませんが、その当時、私は息子と良く出かけていました。

世界は広いと教えたかったのです。

こんな狭い日本の更に狭い学校の枠に入れないからといって自分がダメな奴とは思わないで欲しいと思いました。

大 丈夫です、今が全てではありません。

長女さんと、Hさんご自身を信じてくださいね。

そしてHさんの経験から魂のこもった言葉としてみなさんを元気にすると思います。

そのままのステキなセラピストでいてください。

以上になります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

あゆ美


どうしたらありのままの自分でいられますか?

To Session Room;

はじめまして。
40になったばかりの独身女性です。
男女関係…人間関係についてご相談です。
両親不仲だったこともあり、結婚願望もなく、適齢期ぐらいは周りにせかされて催眠術にかかったかのように婚活してましたが、なんか違うと思いやめました。
人間関係、男女関係すべてですが、自分をアピールできません。分厚い皮かぶってます。

小さい頃から両親の顔色伺ったりしていて、大人になったいまも、自分を出さずに当たり障りない態度で人と接しています。
もちろん家族や仲のいい友達には自分全開ですが。
相手は心を開いてくれてるのに、こんなこと言ったらだめだよなーとか思って気を遣ってしまいます。
ほんとはまずいのに、美味しいって言ったり。
あと、自分の言葉で表現できません。
意見を求められると困ってしまいます。
面白いこと言わなきゃ…とか。
最近飲み会にいったときも、男性はみんな年下で40のわたしなんて好きになる人いないよなぁとか思ったり。結婚してるの?て聞かれて返事できなかったり。
自分で選んでいま独身なのに、それを正直に堂々と言えない自分がいるんです。
40で独身て痛いオンナ…な感じ。そんなことない!て思うけど、世間から見たらそうだし。
いままで付き合った男性ともどうやって向き合うかわからず、長続きしませんでした。
フェードアウトされることもあるし、ほんとは信頼関係築いて向き合って幸せにラブラブでいたいんです。

どうやったらありのままの自分でいられますか?
パートナーと幸せになるのが願いです。

よろしくお願いします。
— G さま

From Ayako

Gさんは、ご自分の望みに正直でいらっしゃいますね。
多くの人が、世間の決めた「適齢期」や「普通はこうするもの」という既成概念に流されてしまう中、Gさんは「なんか違う」と感じた気持ちを大切にされています。
素晴らしいことだと思います。

結婚願望がないのは、ご両親の影響で結婚に夢が持てなくなってしまったことも理由のひとつだと思いますが、それ以上に、本物のパートナーを求めているからではないでしょうか。

結婚という形を求めるのではなく、ただ一人の魂のパートナーを求めているから、妥協できなかったし、しなかったのだと思います。

ご自身でも、本当のところは(周りの目を気にしなければ)、いまはまだ独身であっても別にいいと思っていらっしゃいますよね。
そういう自分を褒めてあげてください。かっこいい女性だと思います!

では、なぜ周りの人が気になってしまうのか。
Gさんは、人の気持ちがよくわかり過ぎるから、期待に応えようとしたり、不快にさせるかもしれないことを言わなかったりして、自分の思いを飲み込んでしまうのですよね。

些細なことで波風を立てるぐらいなら、大人しくしておいたほうがいいという諦めの気持ちもお持ちですよね。
人が、不機嫌になったり怒ったりするのも、そういった場の雰囲気も、とても嫌なんだと思います。

そうして自分の思いを飲み込むことが癖になってしまったせいで、自分を言葉で表現できなくなってしまった。

本当はGさんは、人並み以上の表現力と表現したいものを、お持ちなのだと思います。

家族や仲のいいお友達に見せている自分も、ありのままの自分ではありませんよね?
気を許した相手に、人間らしいエゴの部分を見せることはあっても、女性らしい繊細な部分は、あまり見せていないのではないでしょうか。

もしかしたら、心の内側にそういう柔らかい部分があることを、Gさん自身が、あまり受け入れていないのかもしれませんね。

まずは、自分の心と向き合うことをしてみてください。ご自分の望みに正直な方だから、できるはずです。

本当はどういう時にうれしいのか、本当はどんなものが好きなのか、ご自分の心に聞いてあげてください。

自分と向き合えなければ、人と向き合うことはできません。

強い部分も繊細な部分も、ありのままの自分を愛してあげてください。

そして、正直な気持ちを、簡単な場面からでよいので、少しずつでも口に出すようにしてみてください。

慣れれば、正直になっても大丈夫なんだと、だんだんわかってきます。
自分が正直になれば、正直なコミュニケーションが生まれます。
相乗的に、顔色を伺う必要がどんどんなくなっていきます。

本当は、ご自分が幸せならば、周りを気にする必要はないのです。
なにより、自分が幸せであることを大切にしてください。
言いたくないことを言って不愉快になったり、言いたいことを言えなかったりするよりは、正直であってください。

Gさんが正直であることが、周りの人にも「正直でいても大丈夫なんだ」という安心を与えます。

そういう、周りの人を照らす存在になれる力を、Gさんはお持ちです。

ご自分に正直に、堂々としていれば、周りの人は、そういうGさんの姿を素敵だなと思うはずです。
本当は、まぶしいぐらいに輝くことができる方なのですから!

いま、ありのままの自分でいたいと思う気持ちになっているのは、それが実現できることだからです。

そして、ただ一人の魂のパートナーと出会うための準備がはじまっているのかもしれませんね。本当の恋が近づいているから、本当の自分になろうとしているのかもしれません。

本物の恋の相手は、ありのままのGさんを愛してくれる人です。
だから、まずGさん自身が、ありのままの自分を愛してください。
自信を持ってください。Gさんは、ありのままで十分に素晴らしいのです。

分厚い皮を脱いで身軽になり、ありのままで輝けるように必ずなります。
そうなると、心に決めるだけでよいのです。

Gさんのお幸せを心からお祈りします。

紋子


生きる使命を知りたい

To Session Room ;

現在、38才2人の息子の母です
私の生きる使命などありましたら、ぜひ知りたいです。
— F さま

From Mami

Fさんよく訪ねてくださいました。ありがとうございます。 

Fさんは本当によく今まで頑張って来られたんですね。
ご家族のため、お子様の為に。 

とても短いメッセージですがFさんがより良く生きたいと願っているお気持ちが伝わりました。 

いろいろな報われない思いを味わわれたのではないでしょうか。 

私が悪いからだろうか。 
こんなハズじゃなかった、という思いではないでしょうか。 

ご自分のことをし忘れるくらい周囲の為に努力をされてきたのではないでしょうか。 

ご自分を責めて諦めていらっしゃいませんか? 

Fさんは今、より良く生きたいと思っていらっしゃることでしょう。 

もう変えて良いのです。
変わり目が来ました。 
Fさんは何も悪くありません。

メッセージを受け取りました。
〈あなたはここに居ていいのです。あなたはご家族を愛するようにご自分を愛していいのです〉

Fさんの使命とは “ご自分をより良く生きる” ということです。 
Fさんには本来生まれた時に持ってきた楽しい事をする。という目的があります。  

ですので真逆の方向で義務と責任で縛られていては苦しいに決まっています。 
ご家族に与えるようにFさんにも安らぎや楽しさや快適さ、楽しみを与えてみて下さい。 

お好きなだけ自分に時間を使ってもいいのです。
お好きな事だけを選んで実行してそれ以外は敢えてしない。
何となくいいな。と感じる事だけ選んでみてください。 

そのようなことから段々と本来のご自分と対話していけばご自分の喜びがみえてくると思います。 

そしてご自身を楽しませることに罪悪感を持たないでください。 

Fさんは今までたくさん我慢してきました。
努力してきました。もう充分です。 

今までの苦しみは “本当の生きる目的” を知るために経験してきました。  

口に出せない苦しさは秘密のノートを作って書きだしてみましょう。 

何がFさんを苦しめてきたのか、その時どんな思いだったのか、 感じたことを思い出して気持ちを正直に書いてみてください。それもとても良い解放の方法です。

この度はありがとうございました。Fさんが素敵な今年を過ごされますようお祈りしています。

まみ☆ 


カルマの影響から抜け出すには?

To Session Room;

何年もの間、泥沼の中を彷徨い、足掻いております。
ずっとぐるぐると同じ試練に遭い続け、
幾ら努力しても徒労で終わり、人生が停滞したまま、足踏みを続け、
一向に克復できません。
このような試練に遭うのは、
私の過去世の因果であり、カルマを清算し終わらない限り、幸せにはなれないと
何度か指摘された事がございました。
私には何の身の覚えのない、目に見えない過去世の咎を突きつけられても、
たとえ、生まれる前に、魂が課題として、宿命付けてきたとしても、
荷が重過ぎます。
それでも、何度も同じ事を指摘されるために、カルマを少しでも早く清算しようと、
逃げないで必死に身を削り、厳しい現実と対峙してきましたが、
ずっと独りで当てもなく、暗闇を彷徨い続け、
光が見えないので、ずっと心がモヤモヤとし、
この辛い現実がずっと続くのではないのかという不安を振り払う事ができません。
それでもあともう少しだと自分自身を叱咤激励し、
歯を食いしばって精進しておりますが、
どんどん自信や気力、希望が費え、奈落の底に呑み込まれてしまい、必死に足掻いております。
この試練から抜け出し、明るい希望を抱けるような人生へと前進させるには、
どうすれば良いのか天使にアドバイスをよろしくお願いします。
— E さま

From Ayumi

Eさんのメールを拝見して最初に感じたことをお話します。

Eさんのエネルギーはとても強く、尊いエネルギーだと感じました。
そして、Eさんは今まで自分の感情を出さず、常に自分を抑え我慢し、常に思慮深く、感覚と言うよりも思考を使って来られた方でいらっしゃる。そう感じました。

そして、本当に幸せに生きたいと心から思っていらっしゃる。

そのために、前世でのカルマの清算を逃げずに必死にやって来られた。
なんて魂年齢の高い、強い光を持った方なのかと思いました。

過去世というのは、今まで自分の魂が生きて来た証として大変ご縁のある場所。今の自分の中に刻まれた想いや感覚。
それは自分でも言いようのない、決して他人には説明できないものです。

それでは今世、私たちの魂は何のためにここに来たのでしょうか?

それは、今世、いま、ここで、幸せに生きるためです。
今を楽しむために生まれて来ました。

例え、前世でどのような自分であったとしても、
どのような経験をして今世に生まれ変わっていたとしても、
今の私たちの使命は「幸せに生きる」ことです。

Eさんの、その強いエネルギーはカルマの清算のために使われてしまっていて、自分の幸せのために使われていません。

今まで、自分を抑え感情を隠し我慢してきた。
全ての責任を自分で負ってきた。

そんなEさんになられたのは、いつからでしょうか?

幼い頃、将来の自分を描いて「なりたい自分」に思いをめぐらしていたEさんはいませんでしたか?

Eさんが向き合うのは過去ではありません。

自分を押さえ、感情を隠し、自分に我慢を強いてきた、そんな今世のEさんです。

その強いエネルギーを自分のために使ってください。

ほんとうは淋しい自分がいる。

本当は怒ってる自分がいる。

「こんなことやってらんない!」全て放り出したい自分がいる。

Eさんは、どれほどの感情を抑えて来たでしょうか。

そんな自分の感情をみてあげてください。

お風呂にはいってリラックスした時でも良いですし、夜寝る前でもいいと思います。
ノートに書き出しても良いです。

そして、そういう自分の感情があったんだと認めてください。

物には360度見る角度があります。
Eさんにカルマのお話をされた方も、Eさんの前世での部分を視て、その思い癖などをリーディングしたのかもしれません。

私も前世の記憶があり、その思い癖などもあります。
例えば、修道院でのシスターの経験から、どんな事があっても我慢して人生の学びとして捉えてしまう癖です。

ですが、今世にそれは必要でしょうか?
私は平成の日本に一人の女性として生きています。
しかも私は主婦で家族がいます。
自分を犠牲にし、必要以上の我慢をして生きる必要があるでしょうか?

それは思い癖があるということだけで、自分で解放してあげて良いのです。

もし前世で修行をしてきた魂なら、今世では修行などせず自由に女性として幸せに楽しく暮らしたい。
そう思って生まれて来たのだと思うのです。

Eさん、決して囚われて欲しくないのが
「○○をしなければ幸せになれない」というトリックです。
幸せは今の自分の選択で決まるのです。

幸せは今の自分が自分のために自分にとっての選択をすることです。

どうぞ、その強いエネルギーを自分の幸せのために使ってください。

そして、Eさんにやって欲しいのが感覚生活です。

いまEさんがいる今世を自分の感覚を使って感じて欲しいのです。

難しいことではありません。

今の自分はどうしたい? 今自分は何が食べたい?
自分の感情に素直になって、今を生きて下さい。

過去に思いを巡らせるのではなくて「いま」にフォーカスするのです。

そして、カルマの解除ですが、Eさんが今世で幸せになることで、過去のカルマを解除し切り離すことができるのです。

もう自分のエネルギーを削り辛いことと向き合い叱咤激励しながら精進しなくて良いのです。

もう辛いことを「受け取らない」選択をしてよいのです。

Eさんを幸せに出来るのはEさんだけです。
Eさんの選択がEさんの今世の人生を決めるのです。

自分に声をかけるなら
「本当は私はどうしたい?」という言葉だけです。
叱咤激励はいりません。

そして、ガイドからのメッセージですが、

「強く崇高なエネルギーを活かしてください。そのために今世に生まれ変わっています。」です。

私はEさんのメッセージを拝見したときからずっと、リーディングの最中も、
「強く崇高なエネルギーを活かす」というメッセージがきています。

Eさん、今世でEさんのエネルギーが本来の強さと光で輝けると思います。どうぞ、いま、ここで、幸せの選択をして生きてくださいね。

わたしのリーディングは以上になります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

あゆ美


リーディングできるようになりたい

To Session Room ;

私は60歳の女性です。
私はスピリチュアルにとても惹かれいろいろなリーディングも受け助けられてきました。
そして、私もリーディングをできるようになりたいなと思うのです。
でも、できたりできなかったり…
私には無理なんでしょうか?
無理な努力をしているんだろうか?
今迷路にちょっとはいっています。
こんな私にアドバイスをいただけますでしょうか。
— D さま

From Ayako

Dさんは、リーディングをされるのですね。
できたり、できなかったりするということは、できるということです!

Dさんご自身が、リーディングを受けて助けられたご経験から、ご自分でもできるようになれば、周りの人を助けられるようになるとお考えなのかもしれませんね。素晴らしいことです。

Dさんの優しさと愛、チャレンジ精神を、心から尊敬します。

時代は変化して、いま、心の底では誰もが、よりよい自分を表現し、自分らしい自分を生きることを求めています。

天体もそれをサポートしていますから、星の配置も「本来の自分を生きるように」とわたしたちにプレッシャーをかけています。

3月21日が春分ですが、その日以降、ますますその傾向が強くなります。いまが、自分がしたいことを始める時なのです。

本来の自分を生きることが出来ていないと気が付いていて、感覚が鋭い人ほど、いま、とても苦しんでいます。自分を生きる方法がわからないからです。

だからいま、ヒーラーが必要とされています。

世代ごとに持っている共通の悩みがあります。その世代が植え付けられた常識に起因する考え癖が、悩みを生み出しています。どの世代にも、その悩みを理解し共感できるヒーラーが必要です。

Dさんはいま、新しい時代のスピリチュアルを体現するヒーラーになろうとしているのだと思います。

ぜひやってください。必ず宇宙のサポートがあります。

わたしたちが宇宙からメッセージを受け取りたいと思うように、宇宙の方も、メッセージを受信できるアンテナを探しているのですよ。

リーディングは特殊な能力ではありません。わたしたちは知らず知らずのうちに、ある程度のリーディングはしているのです。だけど、それをいつでもできるようになるには、訓練が必要だと思います。

まずは感覚を磨く訓練。五感を磨けば、第六感が冴えてきます。毎日の暮らしの中で、味わうことや、香りを楽しむこと、音楽を聴くこと、美しい空を眺めることなど、感じることを意識してください。感じることの素晴らしさを楽しんでください。生きることを存分に楽しんでください。

そして自分を信じること。自分が受け取ったものを信じることです。

迷路の中にいる時は、無理なのかもしれないと諦めてしまいそうになりますよね。でも、すぐ次の角を曲がれば、そこに新しい世界の入り口があるかもしれないのです!

多くの人は、その直前で諦めてしまいます。
どうか勇気を出してください。Dさんの努力は無駄にはなりません。

「アミ 小さな宇宙人」という本から、以下の言葉をDさんに贈ります。

「よい願い、すばらしい願いは(中略)きみの中に住んでいる神の部分から生まれているんだ。もし神がその望みをきみに託したんだとすれば、それはきみに実現する力があるということなんだよ。でも、それを実現するには、きみのつよい信念と自信がどうしても必要なんだ。」

心に芽生えた夢は、実現可能なことです。
それが自分の望みだとはっきり自覚すれば、きっと成就するでしょう!

Dさんが愛を広めていく姿が、心に浮かびます。
あたたかい光を感じます。

宇宙が、Dさんをサポートしています。完璧なタイミングで、うまくいくに違いありません。

いつの日か、ヒーラー仲間としてお会いできますよう、お祈りします。
Dさんのような素敵な方と、こうしてご縁があったことを本当にうれしく思います。ありがとうございました。

紋子


生活を変えたくて動いています

To Session Room ;

39才、女性、臨時職員です。子ども1人の既婚者です。宜しくお願いします。
現在、妊活しながら転職希望で、就活中です。
今生活を変えたくて、年明けからいろいろ動いています。
このまま進んで良いのか見て欲しいです。
できれば、家族を増やしたいと思っています。
— C さま

From Mami

Cさんは今新たな命を迎える準備をなさっているのですね。とても喜ばしい、嬉しいことですし、女性として本当に豊かな気持ちになれることだと思います。私からも可愛い天使が舞い降りてくれることをお祈りします。

さてCさんのメッセージから私にはCさんがお子さんにご兄妹を迎えてあげたいお気持ちでいらっしることや、ご家族で楽しく仲よく暮らす温かい家庭を望んでいらっしゃるように感じられました。プラス少しの不安も。

将来は家族みんなが笑顔で暮らす新居などもお考えなのでしょうか。落ち着ける家のイメージがあります。ご家族のために、将来のために、より安定したお仕事を希望されているのでしょうか。私にはCさんの希望と現実化する大きなエネルギーが感じられます。

いろいろ動いていらっしゃるというのは就職活動についてでしょうか。私にはCさんが変えたいと思っている生活はご家族で囲む笑顔の食卓のような将来図ではないでしょうか。そのために頑張ろうと思っていらっしゃるCさんなのでしょう。可愛いお子様のためにも。

でも今は少しそのような将来の夢や理想と現在との間に少しギャップを感じていらっしゃるように感じます。  今後もお仕事を続けられようとお考えのようですが、それはやはり将来の為にでしょうか。お子様たちの将来を思えば資金は多いに越したことはありませんよね。

またその場合お仕事と子育ての両立が可能なのかをご心配していらっしゃるようにも感じます。 ご主人とは毎日どんなお話をされるのでしょう。

Cさん、主婦であり妻であり母であるのに更に社会人でもあり続けるのは大変な努力が求められることだとおもいます。それを選択されているCさんはやはり立派なお母様なのだと思います。

また私にはCさんが今まで “やらなければならない” という想いで人生を切り開いてきた方のように感じられます。幼い頃から「自分の事は自分でする」というように責任感の強い方で決めた事はやり遂げて来られたのではないでしょうか。そのためにご自分のやりたい事をガマンしてでも。

そして今はお子さんを愛するお気持ち、将来のご家族の為にと、ご自分にできるベストを尽くそうとされているのではないでしょうか。

その為にこれからの事を心配されて迷われているように感じます。それだけCさんは愛情深い方なのですね。そしてお子様の笑顔に癒されるCさんではないでしょうか。

ご家族を思い、頑張って責任を果たす。もしかしたらCさんのお母様もそのような方だったのかもしれませんね。Cさんはお母様を見て育ってこられたのですから。

生活を変えたいという思いがあるという事は、変えられるということですからチャンスです。せっかくのチャンスですからCさんが気分よく過ごせる環境でお仕事をし、ご家族との時間を笑顔で過ごしていく為にはお仕事環境は非常に大切だと思われます。

先ずはCさんご自身が幸せになるビジョンを持ってみてください。Cさんが何をしていたら幸せに感じるか。お子様の事もご主人の事も少し横に置いてCさんご自身がニコニコできることです。結婚前の夢や、叶えたかった希望はなんだったでしょう。

Cさんが幸せを感じて笑顔でいられることがご家族のお幸せではないでしょうか。

今起きていない将来の事で不安にならなくてもいいのですよ。先ずはCさんの気持ちが楽ちんでいられる事が大事です。その先に未来は続いているのですから。

そしてCさんの希望のビジョンでご自身が望むようなお仕事を引き寄せて下さい。引き寄せは日常の思いを具現化していくものですから。

Cさんが笑顔でCさんの喜びにつながる事からお仕事選びをして頂きたいと思います。

今回はリーディングさせて頂く機会を頂きありがとうございました。

Cさんのお幸せをお祈りしております。

まみ☆


何をしたら安定したお仕事を得られるでしょうか?

To Session Room ;

はじめまして。
導かれるようにこちらのページに辿り着きました。
主人、息子、娘との四人家族です。
共稼ぎです。
これから子ども達の学費など多額になる為
今まで以上に働かなければいけない矢先に
派遣の契約が終了してしまいました。
次のお仕事は永く務めたいので社員になりたいのですが、47歳で特別な資格もないので厳しいとは思います。
今まで稼がねば…と我慢して働いてきましたが、自分が楽しく思えないと良い仕事運もまわってこない気がしてきました。
しかし、私が働かなければ家計が回らないのも事実で、理想と現実で悩んでいます。
豊かな生活をおくりたいです。
私は何をしたら安定したお仕事を得られるでしょうか?
どうかよろしくお願い致します。
— B さま

From Ayumi

早速ですが、メールを拝見いたしまして最初に感じましたことは、Bさんは本当は「よりよく生きたい」「自分らしく生きたい」と思ってらっしゃる。

それは、ご自身では、もうずいぶん前から感じていたことではないでしょうか?

もしかしたら幼い頃より「本当はこうしたい」と思いながら、周りとの調和を考えて自分の気持ちよりも周囲の意見を聞いて生きてきたのではないでしょうか?

そして、「こうあらねば」と、一生懸命頑張って生きてきたのではないでしょうか?

いつしか自分の中で無意識に「こうでなければならない」「こうしなければいけない」と言い聞かせ、自分の感情よりも「こうでなければいけない自分」を基準にして生きてきたように思います。

本当は、ご自分でも「なりたい自分」の姿が心の中では、もう見えていたりするのではないでしょうか?

ですが、今はお二人のお子さんの母親としての立場を一番優先していらっしゃる。。

私も、母親でもありますので大変良くわかります。

子供が育つ段階として、手がかからなくなるとお金がかかるものです。

現実問題として、子供の学費は毎月のこと。

そしてそれが今の現実の問題ですね。

そんな状況の中、自分の派遣契約が着られるのは、とても不安ですよね。

でも、決してその不安を基準に、ご自分の道を決めないで欲しいと思います。

Bさんご自身もお書きになっているように気づいていらっしゃるのです。

自分 が楽しくなければ・・と。

本当は、Bさんは楽しい仕事がしたいのです。

今まで我慢して仕事をしてきたけど、本当は、より良く、楽しく、豊かになりたいと願っています。

Bさんが仰っている「豊かさ」は心の豊かさではないですか?

もちろんお金の豊かさもあるに越したことはありません。

本当は、楽しいと思える仕事に就いて満足感を得たいという心の豊かさのように感じます。

それは「今を生きている」と感じる充実感ではないですか?

お金のために、生活のために、子供のために今も頑張っている。

でも、自分のためにがないのです。

本心では自分のために、自分が楽しいと思える仕事で得たお金で、子供や家族の生活のために、豊かに暮らしたいのです。

私が最初に提案したいのは、自分と向き合うことをしてみてください。

なぜ、自分は我慢をしてしまうのだろう?

いつから我慢しているのだろう?

どうして我慢することになったのだろう?

私はどんな仕事がしたい?

出来ないと思っている自分がいる?

それは年齢のせい?

もしかして自信がない?

などなど!

思いつく想い、沸き起こる感情に寄り添いながら向き合ってください。

本当のBさんの想いや、忘れてしまっている感情が出てくると思います。

ご自身で、時間のあるときに、ゆっくりとで構いません。

たとえば、寝る前でも、お風呂の中でも良いと思います!

ノートに書き出してもいいと思います。

そうして自分と向き合うことで、本当は自分がどうしたかったのか、向き合ってみてください。

本当は、どう生きたいのかが見えて来るでしょう。

それから、自分の毎日の中に「自分が楽しむ」時間を作ってください。それは、別にどこかに出かけたり、何かを習ったりというわけではありません。

主婦は忙しいもので す。

24 時間、365 日フル稼働。自分のことは後まわしですよね。

ですが、そんな中でも好きな紅茶やコーヒーを飲む、または自分の好みの入浴剤を自分のためだけに買ってみるなど。。少し自分中心にすることで五感を使った楽しみが出来ると思うのです。

これは、あくまで私のことですが、私はコーヒーが大好きです。なので、コーヒーはいつも飲めるようにしています。これを、今日も一日頑張った自分への最低限のご褒美にしています。

そして、お財布や時間と相談しながら、たまには某コーヒーチェーン店のコーヒーを飲みに行ったりします。車を運転するときはコンビにのコーヒーを飲んでリ ラックスしながら自分と向き合います。

Bさんの中に、小さなお気に入りをたくさん増やして行ってください。

五感を使う練習になります。

そうする事で、思考で「こうしなければ」と行動して来たことが感覚で「こうしたい」とわかってきます。

今回の派遣契約が終了することを決してマイナスに考えないでくださいね。

47歳という年齢で、先の自分の人生を考えるきっかけになったと思います。ぜひ、これを自分を見つめ直すチャンスと捉えてください。

それでも、現実の暮らしの中ではすぐ次の仕事を見つけることを考えなければいけないとも思うでしょう。

少し現実的な事をお話ししますが、今回、派遣の契約が終了と言うことは会社都合での退職になると思うのですが、そうすると失業保険も直ぐいただけると思います。

今は、ハローワークなどで求職者の為の「支援訓練」などもあります。
支援訓練に通うと、通っている間は失業保険もでます。

今は様々な訓練があります。(だいたい3ヶ月程度だったと思います)

地域によってですが、アロマやハーブ、ネイルやエステなどもあります(PCで「求職者支援訓練」と調べれば出てくるかと思います)。

Bさんの環境が許すのであれば、仕事をしていたら絶対出来なかったこと、今しか出来ないことをチャレンジするのも、今迄のパターンを崩し世界が広がります。

ぜひ、色々な角度からご自分のこれからを仕事を含めて見つめてみてください。

いまが全てではありません。

どうぞ、深呼吸してリラックスして、いま「ある」ものにフォーカスしながら幸せの選択をしてくださいね。

私からは以上になりますが、最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

あゆ美


一目惚れした男性について

To Session Room ;

相談内容はお祭りで一目惚れをした男性についてです。
とても美しく太鼓を叩くひとです。
なんだか昔から知っているような…
不思議な感覚になる人です。
私はシャイなこともあり、アプローチ出来ていない状況です。
それに年齢も一回り以上は彼の方が
若いと予想され、躊躇しています。
もっと自分の心が軽くて柔らかければ
考え過ぎす、普通に声が掛けられると思うのですが…。
アドバイスを頂けると嬉しいです。
ちなみに、私の知人が彼の知り合いなので
連絡を取ることはできます。

こちらのサイトを見た時から
ふわっと胸のあたりが軽くなっています。
優しい波動が渦巻いてる感じてす!
— A さま

From Ayako

恋とはすばらしいもので、日常を薔薇色にしてくれる魔法のようですよね。恋を動かす時に必要な要素は、フィーリングとタイミングとハプニングだと、あるバーの常連さんに聞いたことがあります。酔っぱらいの言葉ではありますが、これは真実だと思います。

彼が太鼓を叩く姿と、その音の波動で、彼の「フィーリング」を感じて魅了されたのですよね。Aさんは、とても感受性の強い方なのだと思います。彼のフィーリングに心が共鳴して、長いこと忘れていた、大切なことを思い出したのかもしれませんね。

わたしたちは生まれて来るときに、それまでの記憶を置いてくると言います。それでも、心の奥深いところには、ちゃんと大切なことを覚えている場所があります。きっと、彼はご縁の深い方なのでしょうね。

Aさんはそんな風に彼のフィーリングを受け取ったわけですが、彼の方はどうでしょうか。受け取ったフィーリングを、お返ししてみませんか。

愛は、与え、受け取るもの。受け取ったならば、次は与える番です。
そうして、やっと流れが生まれます。

心に仕舞いこんでいると、行き場をなくした想いは、余計な心配を膨らませて足を引っぱりはじめます。本来、恋する気持ちは羽根が生えているぐらい軽いものなのに、です!

お知り合いを通じて連絡が取れるということは、流れが生まれるチャンスが用意されているということです。この幸運を生かさない手はありませんよね。

かつて、お姫さまは王子さまを待ち続けていました。いまは、ディズニープリンセスだって、自ら愛を掴みにいく時代です。ハプニングを起こすきっかけを作る、ちいさな勇気を出してみませんか。

まずは、お知り合いを通じて、受け取った「感動」をお伝えしてみてはどうでしょうか。美しく太鼓を叩く姿や音色を褒められて、うれしくないわけがありません。そして、できたらお話してみたい、興味があると言い添えてみてはどうでしょう(ここがちいさな勇気の出しどころです!)。

人を好きになるときに、年齢で選ぶわけではありませんよね。大切なのはフィーリングだと思います。彼のことを知っていくうちに、お祭りで受け取った「フィーリング」が何を知らせていたのかが、きっとわかっていくのだと思います。

すべての出会いには意味があります。もしも恋愛に発展しなかったとしても、恋愛以上にすばらしい関係が生まれることだってあります。

可能性は無限です。いますぐに願い通りの結果になるかどうかは、誰にもわかりません。だけど、一度生まれた流れは、止まることはありません。最高のタイミングで、きっと最高の答えに出会えるはずです。

心に渦巻いている優しい波動の力を借りて、恋する気持ちに軽やかな羽根をつけてあげませんか。

Aさんのお幸せをお祈りします。

紋子


Tag Cloud Block
This is an example. Double-click here and select a page to create a cloud of its tags or categories. Learn more.