三宅洋平という、全く新しいスタイルの革命

Photo : Daisuke Hirano

もう15年ぐらい経つでしょうか。ビーチパーティでレゲエを聴いて、踊って、太陽の下、砂浜に座って、ほんのさっきまでステージの上に居た男の子と、理想の社会について語ったことがありました。

「きっとできるよ、やってよ。応援するからさ」無責任に、そんなような事を言ったのを覚えています。

その男の子、当時「犬式 a.k.a.Dogggystyle」というバンドの中心人物だった三宅洋平くんがいま、参院選に出馬しています。

なんとなくTwitterのタイムラインに流れて来た彼の街頭演説のビデオを見はじめたら「もっと見たい」と思うぐらい、引き込まれてしまった。それで、前述の約束を思い出しました。

「そういえば、なにか約束した気がする。約束を果たすのは、今なのかもしれないな」

それで、今回は投票に行こうと決め、Youtubeで夜な夜な演説を聴いていたのですが、先週の土曜日、ふと「せっかくこの時代の地球に生まれたんだから現場で体験しておいたほうがいい」と思い付いて、渋谷の街頭演説を聴きに行きました。

その日、渋谷に集まったのは、2万人とも言われています。ものすごく大きなエネルギー、その中心で大勢を前に完全にハートを開いている洋平くんの言葉は、その場にいるみんなの魂に語りかけていました。彼の音楽、熱意を、魂を直接再起動するVibesだと表現している人が居ましたが、うまい表現だと思います。行ってよかった、目撃できて、体験できてよかったと思いました。

これまでも多くのスピリチュアルリーダーが、本当のことを語ってきました。だけど、彼らの言葉は、スピリチュアルに興味のない人にまでは、なかなか届かなかった。そして、現実味がない、夢のような絵空事に聞こえがちでした。

洋平くんは、誰もが自分らしく生きられる、理想の社会を、現実の仕組みから作ろうとしています。霊性と現実を融合することが出来た政治家がこれまでの日本に居たでしょうか?

わたしが最も憧れている女性の一人、ヴィヴィアン・ウエストウッドが彼のために、応援メッセージを発表しています。

「日本の若い皆さん
お願いですからこの機会を、革命を起こすために使って下さい。
全世界をよりよい場所にするのです。
しっかり生きましょう!
三宅洋平に投票しましょう!」

いま、世界が本当に変わろうとしています。

この瞬間を体験できることは、ものすごく幸運なことだと思うのです。