Always with you.

IMG_1922.JPG

先日、二つの星が並んでいるのを眺めながら「これは何座かなぁ?」とぼんやり考えていました。そうすると、そのひとつがゆっくり動き出したので「あれ?流れ星?…にしては、あまりにもゆっくり過ぎるな」と思いながら目で追っていくと、建物で見えなくなる手前でふっと消えました。

そこで「飛行機か?このあたりで、あんなに上を飛ぶわけがないけど」と思い直しました。「二つの星が並んでいる」のを見ていたのに、です。人間って簡単な説明を探そうとするんですね。わたしはよく飛行機を見ていて、飛行機がどんな風に飛ぶのかも、夜間飛行のライトがどんな風に見えるのかもよく知っていました。それとはまったく違う飛び方でした。

「もしUFOなんだったらもう1回見せてよ」と心の中で頼むと、すぐにさっきよりはすこし下、より近いところに現れて、さっきと同じ軌道、同じスピードで飛び、正面まで来ると挨拶をするように、滑らかに強く発光して去っていきました。

その後、別の日にもUFOらしきものを続けて見たので、なにか伝えたいことがあるのか、ただの挨拶だったのか? なんだったのかなぁ、とぼんやり考えながら、わたしのガイドは宇宙人なのかもなぁと思っていました。

今日、電車に乗っていると、いかにもわたしが注目しそうなギターケースを持った人が乗り込んできて向かい側に立ちました。そこにはりんごに手足が生えた大小のキャラクターが手をつないでいる絵と一緒に「Always with you」と書かれたステッカーが貼ってありました。

「これはメッセージだな」と直感的に思って「誰だろう?」と考えながら、そのギターケースを見いていたら、持ち主のイニシャルらしい英字が貼ってあって、それが「E.T」だったのです。

ギャグみたいだけど… すごく、わかりやすい!(笑)

メッセージってこんな風に日常の生活の中で、なぞなぞみたいにやってくることがあります。いつも「もっとハッキリ言ってくれればいいのに」と思っていたので「わかりやすくしてよ」と頼んでいたからでしょうか。もうね、わかりやす過ぎて笑ってしまいました。