石との付き合い方

Moldavite

Moldavite

ある時突然、石に夢中になりました。

売られているパワーストーンのアクセサリーは、あまりにもファッションとかけ離れているものが多くて、手直しを始めたのがきっかけで、自分でアクセサリーを作るようになりました。そうなると、石の世界も誤解だらけだなと思いはじめました。

「パワーストーン」という言葉自体、好みではないのですが、見た目よりもパワーみたいなノリも「なんか違うなぁ」と思うし、ブレスレットのゴムが切れたら石の寿命は終わりという迷信も「商売だからね」と思ってしまいます。

よく「石はプログラミングして使うべき」だと言われます。意図を持って、道具として使う人にとってはそうなのかもしれませんが、わたしは、石とは素直に付き合うのが気に入っています。

自分のところに来た石に向き合って、彼らが見せてくれる世界を心の中で旅します。石は素晴らしい先生で、色々なことを教えてくれます。中には、わたしにメッセージを持って来てくれる石もあります。

初めて黒い石を買ったのがモリオン(黒水晶)だったのですが、モリオンのスピリットはセクシーで美しい女性の姿をしていて、わたしが歩む道から「余計なものを取り除く手伝いをする、共に歩もう」とはっきり伝えてくれました。

モルダバイトは鮮やかな美しいグリーンの石で、明らかに地球にある天然の色ではないと感じました。「宇宙人が来た」という印象でしたが、その石のスピリットは「もう一段上の世界へ連れていってあげるよ、そのために来た」と伝えてくれました。モルダバイトのエネルギーには、プロセスをすっ飛ばして「わかった」という感覚に飛び級してしまうような感じがあって、馴染むのに少し時間がかかりました。

石には固有のエネルギーがあります。わたしは彼らに同調して、その在り方から学ぶのが好きで、先生であり、友達であると思っています。

誰かのためにアクセサリーを作るときは、その人の本来の良さが輝くには、どんなサポートがあったらいいかをイメージします。ちょうど、専属のサポートチームを作るような感覚です。それもプログラミングだと言えばそうなのかもしれませんが、一緒にお伝えしているのは、わたしが感じたことと、石が見せてくれたそのまんまの世界です。

Rose Madagascar」と名付けたネックレスを作ったとき、はじめてそれを、お話の形で書いてみました。最近すっかりサボっていたのですが、またそろそろ書けそうな気がしてきています。