夢を攻略する

Pink Yves Piaget

Pink Yves Piaget

先日、目が覚めたら散切りのモヒカンになっていて「いったい誰がこんなことを! たしかにモヒカンは好きだけど、でも…!」と慌てた次の瞬間、「いや、こんなことがわたしに起きるはずはない。これは夢だ」と気がついて、夢の中で目覚めました。起きるとそこはまだ夢の中で、ややっこしい夢でしたが、実際に目が覚めた時「とうとう夢を攻略した!」と達成感のようなものを感じました。

寝ている時に見る夢は突飛なものが多くて、あまりにも面白いものはメモを残しているのですが、あり得ないことで焦ったりしていることもよくあったのです。無理!と思って目が覚めて「あ、なんだ夢か」と安心してまた寝ることもありました。そんな状況で、確実に夢の中でそれが夢だと見破ったのはこれがはじめてでした。

これができたのは「こんなことがわたしに起きるはずがない」という確信があったからです。自分の人生を自分が創造していることが、本当に実感できているから「これは、わたしの人生にあり得ない」とわかったのでした。それなので、達成感があったというか「やったぞ!」と満足したのです。

起きる少し前に、メッセージを含んだような夢を見ることも多いのですが、最近では夢の中で「これは大事なことだ。覚えておこう」という意識があったりもします。起きてすぐにきちんと思い返したり、メモを残したりしないと、うっかり忘れてしまうこともありますが、夢が見せてくれるものや、夢が体験させてくれることが、最近とても面白くなっています。夢について、これからどんなことがわかっていくのか、とても楽しみです。